トップページ 会社案内

会社案内

使命と価値

使命

私たちは,最先端印刷関連技術を駆使した製品およびサービスの提供を通じて,国内のみならず広くアジアに貢献することを使命とする

価値-1:誠実であること

顧客や協力会社をはじめとする社外の方々や,社業を支える従業員・派遣社員,さらに各種法規制等の遵守すべき事項について誠実な姿勢を堅持する

価値-2:独創を重んじること

他社では真似のできない事業展開を実現させるために,組織を構成する個人の能力をより一層鍛え上げ,接点で負けない強さを身につける

価値-3:調和をとること

自然環境と社会環境の双方において,共同体に身を置いているという認識を強く持ち,バランスをとることを心がける

トップメッセージ

2015年夏,弊社が新しい事業領域へと事業展開していくために,昨年から準備を進めてきた様々なことが準備万端整いました.

第一に『ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム=ISMS)の認証取得』ですが,昨今のデジタルデータの情報漏洩・完成製品の発売前流失などによる企業の信用力低下を目の当たりにし,お客様からお預かりしている大切な資産を守るための仕組みづくりの必要性を強く感じ,2015年6月にISMSを構築・ISO27001認証取得を完了いたしました.印刷するパッケージのデジタルデータの管理に始まり,発売前に保管するお客様の大切な製品および非製品(廃棄物)の管理について,お客様との話し合いにより定めたルールを生産現場できちんと遵守する体制を整えました.

第二に『化粧品製造(包装・表示・保管)の許可取得』ですが,弊社にて取り扱いをさせて頂いております化粧品パッケージへの内容物のアセンブリ作業を,2015年6月より社内でもハンドリングすることが可能となりました.当該許可の取得により,化粧品関連商品の印刷〜パッケージング加工〜アセンブリ加工の全てを一気通貫に進めることを具現化することができました.お客様に弊社工場までお越し頂いた際には全ての作業を一箇所でご覧頂けますが,ご都合によりお立会いをお願いできない場合には,弊社での生産の様子をWEBカメラにてオンタイムでご確認頂ける遠隔監視システムを構築いたしました.

プラスチックを基材とするUV超高精細印刷や特殊パッケージング加工を事業の中核に据えながらも,これからは通常のアセンブリのみならず化粧品アセンブリ加工までを社内に取り込み,さらにその生産管理体制を国際標準に準拠させることにより,今まで以上に強固な生産体制・管理体制を整備していきます.

今後ともご指導,ご鞭撻を賜りますよう,何卒よろしくお願い申し上げます.

役員紹介

清水 宏和 略歴

清水 宏和

職歴

先代社長である第二代 栄太郎社長の急逝に伴い1994年に清水印刷紙工株式会社の代表取締役社長に就任,現在に至る.2012年4月より早稲田大学環境総合研究センター 客員主任研究員に嘱任される.

学歴

1987年 早稲田大学系属早稲田実業学校を卒業,1990年 早稲田大学教育学部教育学科社会教育専修を卒業, 1992年ダラス大学大学院経営学修士(MBA,マーケティング・リサーチ専攻)を修了.2012年 早稲田大学大学院 環境・エネルギー研究科 博士後期課程(永田勝也研究室)を修了.博士(学術).研究テーマは,“Environmental improvement methods for Printing Service by utilizing multilateral LCA approaches”(原文は英文,和文タイトルは『印刷サービスにおけるLCAを活用した環境配慮手法の構築に関する研究』).2009年 第6回 LCA日本フォーラム会長賞,2010年 日本印刷学会 論文賞など受賞.専門分野は印刷サービスにおけるUV硬化技術とLCA(ライフサイクルアセスメント).

社会活動

2013.07〜2016.03
エネルギー対策特別会計補助事業に係る評価委員会(環境省)

2013.07〜2015.12
日本印刷学会誌編集委員会

2013.03〜2015.03
総合資源エネルギー調査会総合部会 基本政策分科会 電力需給検証小委員会(経済産業省)

2010.02〜2011.02
総合資源エネルギー調査会 新エネルギー部会・電気事業分科会 買取制度小委員会(経済産業省)

2010.09〜2014.11
ISO130(Graphic Technology)WG11(Environmental impact assessment of printed matters)

過去の発表資料はこちら(slideshare)

清水 ボラヌッチ 略歴

清水 ボラヌッチ

職歴

学生時代に起業し,アパレル・ジュエリーの販売やタイシルクの輸出入を専門的に手掛け,また広告代理店や大手百貨店での職務経験を活かして,清水印刷紙工株式会社の取締役を勤める傍ら,ウィルパワー・コンサルティング(株)の代表として,タイ王国での強力な華人ネットワークを利活用した日本企業の現地進出のサポート業務(現地視察ツアー立案および同行・現地市場調査・マーケティングプラン立案・現地販売ルート開拓など)を中心に活動している.

学歴

タイ王国 国立 トリム・ウドム・スクサ高校を卒業後,タイ王国 国立タマサート大学 マスコミュニケーション学部を次席にて卒業,プミポン国王よりシルバーメダルを授与される.1992年 米国 ダラス大学大学院経営学修士(MBA,国際マネジメント専攻)を修了.

設備概要

プリプレス Mac及びCAD(Computer Aided Design)
簡易校正機(Direct Digital Color Proofer, エプソン PMH10000)
リモートプルーフシステム (コダック InSite)
CtP(Computer to plate, コダック)
印刷版自動現像機 (富士フイルム)
水なし印刷版自動現像機 (東レ)
検版カメラ (プロスパークリエィティブ)
自動調色ソフト及び調色機 (クラボウ)
プレス 菊全UV10C+コーター+反転機構,UV7灯 (マンローランド)
ポストプレス 菊全自動打ち抜き機 (三和)
サックマシン(サンエンジニアリング)
医薬部外品・化粧品専用アセンブリ室-1(約200パレット分(パレット=1.1m×1.1m)のスペース)
医薬部外品・化粧品アセンブリ室-2(約200パレット分(パレット=1.1m×1.1m)のスペース)
アセンブリ室(約200パレット分(パレット=1.1m×1.1m)のスペース)
インクジェットプリンター(リンクス)

会社概要

創業 1935年9月
法人改組 1950年1月
資本金 3800万円
従業員 36名
所在地 東京本社: 〒112-0013 東京都文京区音羽2-1-20
TEL:03-3941-7171 FAX:03-3941-7125
群馬工場: 〒370-0614 群馬県邑楽郡邑楽町大字赤堀字鞍掛4127-1
TEL:0276-70-2255 FAX:0276-89-0288
Email info@shzpp.co.jp
URL http://www.shzpp.co.jp
加盟団体 ・群馬県印刷工業組合・グリーン購入ネットワーク
・環境ネットワーク文京・邑楽町商工会
許認可 【医薬部外品製造販売業許可】10D0X10009
【医薬部外品製造業許可(包装・表示・保管)】10DZ200036
【化粧品製造販売業許可】10C0X10031
【化粧品製造業許可(包装・表示・保管)】10CZ200065