トップページ UVスタディ 第5回 UVインキ・ニス

第5回 UVインキ・ニス

UV印刷で使用するUVインキ・ニスにはその用途によって様々な種類が存在しております。弊社で現在使用しているものは既存品から度重なるテストを経て改良を加えたものが多く、より高品位なUV印刷を具現化するために弊社所有のUV印刷機・UV装置に完全にマッチングさせております。

UVインキ

UVハイブリットインキ

過去には紙用UVインキとプラスチック用UVインキは別の種類を使用しておりましたが、現在ではその一本化を実現しております。“ハイブリット”と聞くと油性インキとの混合品で硬化の遅いインキであることを連想しがちですが、UV特性を最大限に活かして硬化・皮膜強度等の過去の弱点を克服しております。このインキ皮膜は柔軟で割れにくく、パッケージやマガジンカバーの仕事の多い弊社の中核を担っております。付け加えて、一般のUVインキでは取得の困難なエコマークを取得済みですので、環境対応面で一歩も二歩も先行くUVインキです。

UVゴールド及びシルバーインキ

今まではUVインキによるゴールド・シルバーインキは発色で油性インキに大きく劣ると評価され続けてきましたが、この度の開発商品は目覚しく改善された逸品です。一般の紙への表刷り印刷のみならず、裏刷りで発色効果のわかりにくいプラスチックでもその光輝発色は図抜けた輝きを放っております。

UV水なしインキ

国内では既に一社が水なしUVの商品化に成功しておりましたので、弊社では高精細(FMスクリーニング=400線/inch)でプラスチックへ印刷することで差別化を実践いたしました。ゴールド・シルバーや6C印刷システムで必要なオレンジ・グリーンインキまでを揃えております。まだインキの改善を要しますが、水を使わないことが環境に優しいだけでなく、際立ったシャープな網点再現は印刷の常識を覆すことになると感じさせるものに仕上がっております。(図1)

図1)

UVニス

ノーマルUVOPニス

OP (Over Print)ニスとはインキ胴からコーティングする薄盛タイプのニスを意味し、塗膜が薄いために光沢アップは難しく、主に表面の耐摩擦強度向上のために使用します。

マットUVOPニス

表面光沢を落とすためのニスで、マット材により表面に凹凸を作り出して光を乱反射させ、艶消し効果を発揮させます。

シリコン配合UVOPニス

インキのみならずプラスチックのような特殊原反にダイレクトに接着することも可能で、配合されたシリコンによるスベリ効果によりインキ脱落や原反表面の保護に役立てることが出来ます。

帯電防止UVOPニス

一般に帯電しやすいプラスチックの表面に帯電防止剤を配合したニスをコーティングすることで、表面の電気抵抗値を10の11〜12乗位に抑えこむことが可能です。通常の条件よりも原反の摩擦後にはその威力を大いに発揮いたします。

UVクリアーニス

インキ胴を使用するOPニスとは異なり、印刷機最後尾に付設されているコーターにより印刷と同時にインラインコーティングを行います。実にOPニスの5倍以上の厚い塗膜を形成することが出来ますので、フィルム貼り加工に劣らない超光沢を実現しながら、その耐摩擦強度においても互角に渡り合うことが可能です。(図2)

図2)