トップページ UVスタディ 第9回 究極のUV印刷

第9回 究極のUV印刷

弊社の印刷との関わりの中で、環境と品質の両面からの検証を重ねた結果として辿り着いたのが『水なしUV高精細印刷』です。今回はこの最高の技術が集約された印刷方式についてご説明いたします。

高精細印刷(FMスクリーニング印刷)

一般の印刷が網点の大きさを変化させる175線/inchであるのに対し、175線の2%相当サイズの小さな網点の数を変化させるFMスクリーニングは約400線/inchの精度で印刷が可能です。網点の大きさが小さいので、インキ皮膜が薄くてもある一定の色濃度が出るため(図1)、色の安定やUVインキ硬化にはこの薄膜が大きくプラスに働いています。

図1)

この400 線によるメリット(図2)としては

この400 線によるメリット(図2)としては

(1)ジャギーにならずに細線の表現が可能

UVインキでPPに印刷する場合、175線のレベルでは0.1mmで既に線切れ現象が見え始めてしまいます。400線では0.02mm程度であればはっきりと一本の線で繋がっていることが視認できるほど、その差をはっきりと確認できます。

図2)

(2)色の再現領域が拡大

4色のプロセスカラーでの色表現だけでは淡い色などが表現できないので、“特色”として色を追加します。しかし、400線では極少網点がなめらかな階調表現を可能としますので、掛け合わせで表現できる色域が拡大されています。

(3)モアレ・ロゼッタなどの解消

175線の網点の掛け合わせでは、そのピッチの微妙なずれによってモアレ(干渉縞)やロゼッタ(亀甲模様)が発生して印刷品質を著しく貶めていました。400線で使われる極少網点ではこの問題は過去のものとなっています。

水なし印刷

水なし印刷は、そのシンボルマークであるバタフライマークとともに、万人が知るところにまで認知されてきているのが現状です。環境側面から考えた場合、まず印刷版の現像工程で強アルカリ薬品が使用されないことにより環境負荷はかなり低くなります。一般の印刷版現像では強アルカリ廃液は特別管理廃棄物扱いで、特定の業者による回収が義務付けられていますが、水なし印刷でその必要はありません。印刷工程では、一般印刷ではインキを印刷版に着肉させない箇所に“湿し水”を付けますが、水なし印刷では特殊シリコン層によりインキを着肉させないように反撥させるので、この“湿し水”は不要です。湿し水には、有機溶剤であり急性毒性物質でもあるIPA(イソプロピルアルコール:印刷しない箇所に万遍なく湿し水を行き渡らせる効果あり)を3〜5%混ぜることが一般的で、又これが汚れた際には印刷機に付設されるタンクの湿し水(5色機で100L位)を入れ替えなくてはなりません。環境配慮を考えた場合、水を使わないことでの環境負荷低減には多大な効果があるのです。 環境と並んで重要な品質においても、水なし印刷は圧倒的な差を見せつけています。水はインキに微量混じり合い、その濃度を低減させ輪郭をぼやかせることがありますが、水なしでは網点がシャープでエッジの効いた印刷を実現できるのです。 又、印刷の色合わせから本刷りまでのリードタイムを著しく短縮させることが可能で、さらに生産に入ってからの色の安定度は水有りの一般印刷と比較して非常に安定しています。 400線高精細と水なし印刷とをUV印刷において融合させた『水なしUV高精細印刷』は、今までの印刷の究極であると確信しています。