COMPANY

会社案内

沿革

1935年 文京区音羽にて清水印刷所として清水 清助・寿美子により創業
1950年 清水印刷紙工株式会社に組織変更
1960年 系列会社である音羽印刷紙工㈱を設立してパッケージ印刷分野へ進出
1969年 文京区音羽に地下1F・地上5F鉄筋コンクリート造の事務所兼印刷工場を建設
1979年 新宿区に地上5F鉄筋コンクリート造の第二工場を建設
1980年 オフラインUV表面加工(特許取得)の生産体制完備
1985年 二代目 栄太郎社長 就任
1990年 創業者 清助会長 逝去
1993年 文京区音羽に地上5F鉄筋コンクリート造の紙器工場を増築
1994年 二代目 栄太郎社長 逝去,三代目 宏和社長 就任
1995年 菊全5C+コーターの最新鋭印刷機導入,UVインラインコーティングを開始
1996年 CD・カセット用のパルプモールドケース(実用新案取得)の新規開発・量産開始
1998年 2台目の菊全5C+コーターの最新鋭印刷機導入し,油性インキからUVインキへ移行
1999年 塩素フリーUVインキ黄の開発(印刷システムとして実用新案取得),社内印刷を全て塩素フリー化
2000年 Gフルート(段ボールシート)へのダイレクト印刷を開始
2001年 CD/DVDパルプモールドケース(実用新案取得) の新規開発・量産開始
2001年 CtP設備の導入によりフィルムレスの印刷体制を完備
2002年 3台目となる菊全5C+コーターの最新鋭印刷機導入し、特殊原反印刷を開始
2005年 CtP設備を一新してFMスクリーニング(20μ)を開始
2007年 既存設備を統合した群馬工場へ移転,世界初UV10Cコーター付き反転機・UV7Cコーター付き操業開始
2008年 UV水なし超高精細による特殊原反(プラスチック・アルミ蒸着紙など)への印刷手法を確立
2009年 第6回LCA日本フォーラム会長賞を受賞(「印刷サービスの定量評価からカーボンオフセット」)
2010年 日本印刷学会より論文賞を受賞(「印刷サービスの定量評価手法の確立」)
2012年 UV超高精細印刷(10μ網点)のワンパスBCMY2回重ね刷り印刷を確立,バックパネル用高濃度印刷を開始
2015年 医薬部外品・化粧品の製造業ならびに製造販売業取得により化粧品向け包装仕上げ作業(セットアップ)を開始
2016年 CtP設備を一新,無処理版(現像レス)によるUV超高精細印刷技法(10μ網点)を開始
2017年 健康食品向け包装仕上げ作業(セットアップ)を開始
2018年 医薬部外品・化粧品・健康食品向け作業スペースの増床,包装仕上げ(セットアップ)設備の増強
2019年 医薬部外品・化粧品・健康食品向け作業棟の増築